ひとりごと置き場

思ったことを適当に書きます。

実家の近くの土手

うちの実家の近所の土手、例の鹿もすぐ近くで出たし

この前ちょっとした騒ぎになった猪も散歩中の母の目の前に現れたらしいけど

山でもないのに遭遇率高くて笑うわ

昔は土手沿いの川にアザラシも出たしな…


私は昔ニワトリと一緒に散歩で土手に登った時に

馬を散歩させてるおじさんと出くわして

そこだけ謎の空間が生まれたことならあった

※いずれも土手でのエピソード


漫画家

小さい頃の私の夢は漫画家だったけど

連載誌に連載したいわけじゃなかったから

諦めたってだけで

一生漫画描いてたい気持ちは昔から変わらんのよな

漫画というものを知らなかった幼稚園の頃から漫画家になりたいとか言ってたけど

情熱だけは昔から変わってない。


趣味で描いてるだけにせよイラストよりもよっぽど漫画の方が胸を張れるし

漫画の完成が一番の夢でもあるので、

どうせ専門学校行くならイラストレーター専攻じゃなくて

漫画専攻にしときゃ良かったかと思う反面

仕事を受けてるのはイラストの方なので

やっぱりイラスト専攻で良かったと思う気もするし

漫画という一番自分の中でこだわりの強いものだからこそ

誰の指図も受けずに自分の力で積み重ねていくので

最善だったかなとも思いもする…


私が商業でメインに受けてきたのは

角川つばさ文庫さんの挿絵だけど、

物語に絵を添えるという意味では漫画に通ずるものがあるし

最近の児童書ということで子供に親しまれやすいよう漫画的に

表現してるところもあるので

イラストの仕事ではあるけど漫画描いてるような感覚でできる仕事で

本当に楽しかったんですよね。

あー自分こういう仕事がしたかったんだなって心底思えて。

私を見つけ出してくれた編集さんが元々私の漫画の読者様だったからこそ

自分の作風にあうお仕事をご紹介いただけたんだろうなとも思う…

そういう意味でも漫画描いてで良かったし

これからも漫画には情熱を注いでいきたいです。